九星気学

凶方位は怖いぞー!?

前回の続き凶方位?について説明します。

 

 

凶方位には、6つあり、

五黄殺 暗剣殺 破壊殺 本命殺 本命的殺 小児殺 があり

説明していきたいとおもいます。

※注意してほしいのは、絶対に犯してはいけない 

のは、 五黄殺 暗剣殺なので、気をつけてください。

 

①  五黄とは・・・・

すべてを腐らせて土に帰すという作用があり、帝王の星と呼ばれ、

パワーが非常に強く、自滅作用(自分でやったことが腐敗する)があり、

ゆっくりと滅びていきます。(ノイローゼ、癌、成人病などの病気)

 

②  暗剣殺とは・・・・

五黄殺の方位の反対側の方位となり、

暗闇から突然剣がささるという事から、自分ではどうにも防ぎようがなく、

他人から傷つけられ、短時間に被害を受けます。(交通事故・災害・災難など)

 

③  破壊殺(歳破・月破)とは・・・・

その年の干支の方位の反対側の方位となり、

全てを壊し滅ぼしていきます。

仕事やプライベートが予定していたとおりにいかなかったり、争いごと

や離別、契約白紙、破談などがおこります。

 

④  本命殺とは・・・・

自分の本命星が回っている方位

肉体的な面(体)に影響がある。自分の健康が崩されて病気になる。

仕事でも疲れやすくなり、うまくいかなくなる。

自分の好きなことしか興味が向かなくなり、バランスの崩れた行動

をしやすく、自分の本命星を殺してします。(自己中心的になり

やすくなる)

 

⑤  本命的殺とは・・・・

本命殺の反対側の方位

精神的な面でダメージを受ける。

よかれと思って行動しても判断ミスや了解違いを起こしやすい。

(的が外れる。)

物事の食い違いや他人との意見の不一致を起こしやすい。

⑥   小児殺とは・・・・

数え年で12歳以下の子供に影響を及ぼす凶方位

方位はその年の十二支によって決まる九星上で廻座している方位

2019年は亥年なので六白になります。

子供が事故や病気にかかったり、最悪の場合は死の危険がともない

ます。

 

以上6大凶方について説明しました。

 

これだけ、聞くともしその方位にいってしまったら

どうしようと思うかもしれませんが、でも大丈夫!!

次回は、凶方位に行ってしまっても大丈夫開運心構え

の方法を教えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です