仕事関係

人間関係も大丈夫!?パレートの法則とは!!

会社の人間系で

どうしても、

 

あの人

「意見があわないな」

「嫌いだな」

「あの人から嫌われてるかな」

 

いろいろ悩みがあると思います。

 

でも、大丈夫です!!

 

今回紹介する

「パレートの法則」を実践して

もらえば、人間関係が

楽になります!!

パレートの法則とは、イタリアの経済学者パレートが発見したもので、

全体を構成する大部分が、一部の要素を生み出しているという法則で、

例を挙げると、

1.全所得の8割は、人口の2割の富裕層が持つ

2.交通量の8割は、道路の2割に集中している

3.企業の売り上げの8割は、全顧客の2割が生み出している。

4.スマホの利用者の8割の人は、内臓機能の2割しか理解できていない

5.物事の本質の8割は、2割を見ればわかる

など、80:20の割合の法則になっています。

このパレートの法則は、2:6:2と言う人もいます。

ここが、大事な所です。

アリを例に説明します。

 

一般的に、アリは働き者のイメージがありますが、

実際は、

「2割のありは、良く働き、6割のありは、普通に働き、残りの2割は、

怠けている」という現象です。

 

それならばと、2割の働きありを、別の巣に移して見てみると

おもしろいことに

「2割のありは、良く働き、6割のありは、普通に働き、残りの2割は、

怠けている」という同じ現象が起こるのです。

よって、

人間関係で

意見が合わないなと思っても気にすることはないのです。

 

合う人が2人いれば、合わない人が2人いて、どちらでもないが

6人いるから、落ち込んだり、無理に合わせようとしたりしなく

てすむとなると気持ちが楽になったでしょう!!

 

私もこの法則を知ってから、人間関係が上手くいくように

なりました。嫌な人がいても、対立したり、無駄に

ストレスを感じず、

 

「考え方が違う人なんだ」と割り切って接していきました。

 

会社は、いろいろな人がいて多種多様な価値観で社会が

作られていますので、否定せずに、違っていても全然OK

という気持ちになることも大事です。

 

本日もブログを最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です