未分類

ニュースを見ると不幸になる!?

朝は、決まってテレビでニュースを

見る方が多いと思います。

でも、いつも行っているこの行動が

不幸を招いているんです。

 

今現在テレビで流れているニュースの

多くは、殺人・不倫・自殺・不景気・増税・自殺

など悪い内容の物が大半を占めています。

 

どうしても、ネガティブなニュースは人に関心

を集めて、目につきやすく、視聴率がとれや

すいので、番組側も多く放送します。

 

朝のこれから、「会社に行って働くぞ」と

いった時に、悪い影響を受ける事によって

気持ちが落ち込んでしまうのです。

 

今回は、テレビのニュースを見ると

人はどのような影響を受けるのか

5つに分類してみたいと思います。

 

1.自己肯定感が低くなる。

自己肯定感とは、自分自身への満足感で

ニュースを見ることによって、自然と

落ち込んでいって、考え方が

ネガティブに考えるようになってしまいます。

 

2.他人の欠点や批判が目立つようになる。

他人の欠点が目立つようになって批判して

しまいます。それが普段の生活にも現れて

しまいます。

 

3.ストレスを感じる。

 

4.時間の無駄使い。

人の関心を取るため同じニュースを何度も何度も

やっているので、本当に必要な情報を得られない。

 

5.ニュースの影響をうけてしまう。

自殺のニュースがあったら、ひどく落ち込んでいた

りしたら、その影響を受けてしまいます。

また、似たような犯罪が立て続けに起こる

というのも、この影響を受けてしまう事だと思います。

 

このように、テレビのニュースを見ること

によって、多くの不幸を招いてしまいます。

 

じゃあ、世の中の情勢がわからないじゃ

ないですかっておっしゃる方もいると

思いますが、

 

ネットで見ればいいのです。

メディアで報じていなかった部分や

必要なもの不要なものも自分で選択できます。

嫌なニュースも見なくてすみます。

 

また、本を読むことでも解決できます。

 

私も朝のニュースは、今現在ほとんど

見ていません。見る前と見た後では、

会社に行くのにも気持ちが全然違い

ます。

 

考え方も前向きになってきますので

自然とやる気もおきてきます。

 

いきなりは難しいので皆さんも

少しずつでも試してみてはいかが

でしょうか?

 

本日もブログを最後までお読み

いただきありがとうございました。

 

不知火 詠暉(しらぬい えいき)

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です