仕事関係

部下に対して気づかず否定語になってませんか?

また、同じミスをして・・・

どんだけ時間がかかってるの・・・

なぜ言ったことやってくれないの・・・

何回も説明させないでよ・・・・

 

このように、あなたは部下に対して

否定語になっていませんか?

 

否定する事は簡単だけれども・・・

否定ばかりだと否定されない為には

どうしたらいいのか考えてばかりで

自分から動かなくなります。

 

今回は否定語にならない為にどうしたらいいのか

3つのポイントで解決していきたいと思います。

 

1.なぜ、どうして + 否定語を使わない。

 

なぜ、○○しないの?・・・と言われると、

責めている形になるので、申し訳ありませんと

詫びることになります。また、感情的や嫌みに

受け止められて、発言の本意が伝わらない。

 

良い例:

○○をしてくれると効率的に物事が進むので

○○をして欲しい。

(※肯定語を使うようにする!!)

 

2.相手に要望があった場合、相手に強要しないで、

  提案するようにする。未来形で質問する。

 

ダメな例

まだ、この仕事が終わらないのいつまでかかってるの?

 

こういったやり方をすると簡単だよ。と提案する。

どのようにしたら仕事が早くなると思う?と未来形で質問する。

 

怒っただけでは、改善が無い。

提案をする事や未来形で質問することによって

早く仕事を済ませ、部下のスキルが

あがり、部下からも信頼される。

 

3.感情的にならず相手の

  良い所を探し褒める。

 

どうしても、こんなのは出来て当たり前

と思っている方は、欠点の指摘から始まって

褒める事ができていません。

 

普段から、意識してやらないとできません。

 

まずは、「ありがとう」この一言からでも

いいので、初めてみましょう。

 

部下も褒められるとやりがいを感じ、

積極的に自分で自ら行動し、自信を持って

取り組んでいけます。

 

私も以前は、否定語から入っていました。

私の場合は、同じミスばっかりしていて

と毎日部下に言っていました。

 

否定語で注意ばっかりしていると、部下から

は、言う事を聞いてくれなくなったり、

モチベーションが下がったり、本当に何も

良い事がありませんでした。

 

この1~3つのポイントに基づき、行動する

事によって部下とのコミュニケーションも

良好にとれてきて、少しずつではありますが

ミスも減って来るようになりました。

 

自分は、そんなの大丈夫と言っているあなたへ

 

自分では意識していなくても知らず知らずのうちに

行動を起こしている事もありえますので、もう一度

原点に返って見直してみてはいかがでしょうか?

 

本日も最後までブログをお読み

いただきありがとうございました。

 

不知火 詠暉(しらぬい えいき)

 

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です