スキルUP

手帳記帳が長続きしない方へ必ず長続きする4つのポイントを公開します。

この前のブログでは、手帳を買う日は

いつがいいかについてご紹介しましたが

 

「紙の手帳なんていらないじゃん」

「スマホで管理すればいいじゃん」

って思いのあなたへ

 

改めて紙の手帳の必要性について

説明します。

1.面接や会議の時にスマホでスケジュールを確認すると

相手に失礼にあたるから。

 

2.実際に手を使って書く事によって記憶に残るから。

 

3.その時に思った事を気軽な感じで書ける。

(スマホは文字入力が面倒)

 

4.間違って修正した後もわかる。

 

5.スマホは、画面が小さいが、紙の手帳はわかりやすい。

 

確かに今は、グーグルカレンダーという便利な物はありますが、

高橋書店さんの手帳の売り上げも

20年間ずっと前年越えで成長しているそうです。

 

だから、サラリーマンにとって

「手帳は、必需品な訳です!!」

 

そうは言っても、

「長続きしないんだよなぁ」

「書くことがないんだよなぁ」

って言うあなたへ

 

そろそろ本題に入りますね。

今回は、手帳記帳が長続きする

5つのポイントをご紹介します。

 

これで、少しでもあなたが

継続して記帳してもらえる事でしょう!!

1.手帳の余白を気にしない。

手帳はびっしり書くものだという。そういう考え

は、止めましょう。

 

どうしても、体調不良や忙しかったり、気分が

乗らない日もあります。

大事な事は、続ける事だから。

 

2.きれいに、整然と書こうとしない。

付箋を使ってTODOリストを作ったり、

色分けしてわかりやすくしたり、

ネットや手帳本を読んでも、すごく活用

してる方いますが・・・。

 

そんなの、プロがやる事だからと割り

切って、メモをとるぐらいの感覚で

いいので、頑張りすぎない。

 

予定以外の事でも何でも書いていいので、

天気・体重・何を食べたか

いくら使ったか・今日の目標・感想

など書いてみるといいでしょう。

 

3.常に携帯する。

常に携帯して置かないといざ記帳をしよ

うと思っても何も書けません。

 

大事な事は、常に携帯できるサイズ

重さです。

 

4.決まった時間に手帳を開く

継続する為に、毎日決まった時間に手帳

を開く事を習慣化しましょう。

 

朝と夜の2回は最低でも開くようにすると

ベストです。

※内容がたいした事書けてなくても落ち込ま

ないで。空白が続いちゃってもリセットし

て、再開すればいいのです。

 

とにかく大事な事は「続ける事」 ですから。

 

今回のブログを参考に皆さんにとって2020年の

よいスケジュール管理ができる事を心より

お祈りいたします。

 

今回もブログを最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

不知火 詠暉(しらぬい えいき)

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です