仕事関係

「いや」「でも」は、 不幸になる黄色信号!!知らない間に言ってませんか?

あなたは、知らない間「いや」「でも」って

いう言葉を言っていませんか?

 

自分では、そんなこと無いと思っているか

もしれませんが、気づかない間に言ってい

るかもしれませんので、注意が必要です。

 

「でも、私は○○だから」

「いや、そうは、思わないよ」

こんな風に

「いや」を言う人は・・・

自分の意見はいつも正しく、相手の意見はいつも

間違っていると考える頑固な人です。

 

自分の正当性を訴える言葉です。

 

言い訳の言葉です。

 

「でも」を言う人は・・・

マイナス思考でいつもネガティブな考えばかり

で、出来ない理由を先に考えている人です。

 

また、変化を恐れるので、成長のきっかけを

ふいにしてしまって・・・もったいないです。

 

めんどくさい、失敗したくない、恥をかきたく

ない・・・など。

このように「いや」「でも」

使われた相手は、

 

①だんだん不愉快な気持ちに

なってきます。

 

②もう、あなたとは話したくない

となります。

 

③話してもしょうが無いと人が集ま

らなくなります。

 

④会話が成り立ちません。

 

➄理解してもらえないという悲しみが

でて頻度が多いと悲しみから憎しみに

変わります。

 

⑥非常に頼りなく上司からも部下からも

信頼されず、頼られません。

(当てにされません。)

このように、失敗や不幸を引き寄せた

り、ネガティブな考えになって

マイナスな出来事ばかり起こるように

なってしまいます。

 

それでは、どうしたらいいいのか解決方法を

ご紹介します。

 

「いや・でも」克服6つのポイント

①いや、でもを我慢して、一度受け入れる。

(相手の話を聞き入れる)

 

②絶対に否定をしないと心に決める。

 

③自分の意見を持ちながら相手はこういう

意見や考えをしているのだと受け止める。

 

④相手の意見に共感するようにする。

 

➄相手から責められているという思い込みを

なくす。

 

⑥自分をわかって欲しいと思いすぎない。

私も過去に上司や部下に対して、いややでも

を頻繁に使っていました。

 

そう言う言葉を使用していると上司や部下

との意思の疎通が図れず、コミュニケーシ

ョンもとれず、会社に行くのが嫌でした。

 

少しずつこの言葉を言うのを減らしていく

事によって、相手との信頼関係も築け

お互いが分かち合えて自分勝手で嫌な事

から逃げている自分がいる事に築きました。

 

どれも、大事な事ですが相手の意見に共感

するように、相手を思いやりわかろうとす

る気持ちがあれば自然と減ってくると思い

ますので、

 

でも、いやと言う癖がある方は、参考に

やってみては、いかがでしょうか?

 

 

過去に同じような記事を紹介しました

ので興味のある方は是非参考にしてみ

ては、いかがでしょうか?

部下に対して気づかず否定語になってませんか?また、同じミスをして・・・ どんだけ時間がかかってるの・・・ なぜ言ったことやってくれないの・・・ 何回も説明させない...

 

本日もブログを最後までお読み

いただきありがとうございました。

 

不知火 詠暉(しらぬい えいき)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です