九星気学

あらゆる睡眠の悩みを解消する、3つの快眠アクションとは!?

冬から春に移り変わり、ぽかぽかと暖かく

布団からなかなかでれなかったり、職場で

眠気を催したり、いくら寝ても疲れが取れ

ない。ストレスで眠れないなどなど・・・

 

そんな、睡眠に関するお悩みをかかえ

ているあなたに!!

 

睡眠時間は、人生の1/3~1/4を占める

といわれています。

 

毎日のしっかりとした睡眠がとれるには、

どうしたらいいのか今回のブログを

通して解決していきたいと思います。

なぜ春は眠くなるのか?

春眠暁を覚えず・・・というフレーズ皆さんも

聞いたことがあると思います。

 

春の夜はまことに眠り心地がいいので、

朝が来たことにも気付かず、つい寝過ごし

てしまう。(デジタル大辞泉より引用)

という意味だそうです。

皮膚の表面血流量が増え、交感神経が活発になるから

日中の活動量が増えて、生理現象がおきやすくなり、疲労感・だるさがでやすくなる。

夜・昼間も強い眠気に襲われる事が増える。

 

入学・入社・異動など、生活環境の変化がある時期だから

寝つきが悪くなったり、熟睡できなかったりして、目覚ましが鳴っても「暁を覚えず」ということになりがちです。

 

気学の一白水星の象位で解決!!3つの快眠アクションとは??

1.23時迄に寝ること!!

一白水星は、23時~1時迄を子の刻(ねのこと)と言って、別名“寝の刻”とも言われてお

り、この時間に寝ることで心も体もデトックスされ、しっかりとパワーチャージできます。

地球の磁気が最大限に放出され地気と大気が交わっている時間であるため、眠るのには、

もってこいの時間帯です。(この時間帯に眠ることによって、自分の人生を大きく切り開き

今後の人生に大きな力を発揮していきます。)

 

2.北枕で寝ること!!

「嘘言って、んじゃ無いよ!!」と言われるかも知

れませんが、決して嘘ではありません。

 

昔から、北枕は、縁起が悪いから絶対しない方が

いいと言われています。

 

約2500年も前インドで仏教の開祖である

お釈迦様が亡くなられた時、顔を北にむけられ

ていたそうです。

 

その事実から、日本では死者を横たえる時の

作法だと伝えられています。

 

死を連想してしまうので、向けてはいけないと

いうのは、迷信です。

 

頭寒足熱(ずかんそくねつ)と言って、風邪を

引いたとき、体調不良の時に(頭を冷やし足を

温める)の原理から、北半球の日本は家の南から

の太陽を足下にし、北の冷えた場所を頭にすると

良いと言われています。

 

それでも信用してもらえない方もいるので、

もう一つ説明しますね!!

 

地球というのは大きな磁石のようなもので北が

N極で南がS極です。

 

この磁力の影響をバランスよく受ける為には

磁力の流れと同方向に寝た方が

いいわけなのでその流れの良い方角が北枕

となります。

 

ちょうど、一白水星の位置に関しても北に

位置しています。

3.シャワーですませず湯船につかる!!

一白水星は、読んで字のごとく水星であり、

水に関する事と血液やリンパに関する事

が重要になってきます。

 

よって、シャワーだけではなく、しっかりと

湯船につかる必要があります。

 

水の気をチャージする事が大事です。

シャワーだけで済ませてませんか?それは、もったいないよ!!みなさんは、毎日お風呂に入ってますか? 蒸し暑いんでとか 仕事遅かったし、疲れてる からシャワーだけで...

北枕に関しては、びっくりされた方も

いたかと思います。

 

今回紹介した方法を是非実践されて少しでも

皆さんの快眠に貢献できていただければと

心よりお祈りいたします。

 

また、過去のブログにも睡眠に関して

ご紹介いたしますので、ご参考にされて

みたらいかがでしょうか?

 

連日の睡眠不足が私に招いた不幸とは?あなたは、 会社の残業や 自分自身のスキル磨きや資格の勉強 趣味やテレビゲーム・スマホ・ネット SNSな...
突然の睡魔・寝落ちに効果的な㊙技とは!?仕事中どうも眠気が催して困る。 昼休み後お腹いっぱいで眠たい。 車運転中眠くて前の車にぶつかりそうに ...

 

また、不安な気持ちで眠れない方等

いらっしゃると思います。

 

そんな方は、遠慮せず、無料鑑定に相談

されてみては、いかがでしょうか?

 

あなたの悩みの根元の部分から

解決していきます。

電話鑑定20分無料LINE公式登録はこちらこの度は、LINE公式登録に お問い合わせ頂きありがとうございます。 今なら、LINE公式お友達登録してくれた方 ...

 

本日もブログを最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

不知火 詠暉(しらぬい えいき)

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です